たわごと こごと in 広東


不順利

シンセンに行ってきました。
普通にお買い物の時は
シンセンに出るぐらいなら香港へというのが多いのですが、
今回は
 国内出版の本を買う
         という目的だったため、シンセンの羅湖へ!

同行のやさしい駐在さん(その8)はバスでシンセンに行くのは初めてだとか。
長安で待ち合わせをして、いざ れっつらごー! q( ̄0 ̄)

『シンセンの羅湖あたりはスリが多いから気をつけてくださいね。』
「大丈夫。お財布や携帯は仕方ないけど、パスポートは置いてきたから。」
『∑( ̄■ ̄||) え゙っ! お い て き た?』
「要るの?」
『ええ、第2ボーダーでチェックされることが多いの。』
「だって言わなかったじゃ~ん。(▼3▼)ノ」
『すみません・・・m(_ _)m』

かくしてやさしい駐在員さんは
家まで歩いてパスポートを取りに帰ったのであります。

さて、その後シンセン羅湖に着きまして
ぼっくす 初めてのシンセン地下鉄
地下に降りると
地鉄A↑ 地鉄B→ 地鉄C← の表示が

ぼっ:『あの~このABCって・・・』
保安員:「あ、同じ線です。」
紛らわしいったら!(▼ ▼メ)
せめてA入口とかにしてくれればいいのに・・・。

  というより、地下鉄路線が一本しかないことぐらい
  把握しておけと??(-。-)ソデスネ。

そしてトークン販売機
機械には
[ただいまおつりが足りません]
[紙幣受け付けません] の表示が出ているし・・・
コインは足りないし・・・・
そのくせ、1元ぐらいいいやと思って5元を入れたら
ちゃんとおつりが出てくるし・・・

よう分からん!

それでも何とか目的地にたどり着き目的のブツも手に入れ
ジャスコでの買い物も無事終わり

さあ今度は長安へ れっつらごー ( ̄0 ̄)p
先ずはまた地下鉄に乗って羅湖まで







ここで





ぼっくす





初めて






地下鉄のドアにはさまれる
      ||\(T▼T\)||――< ガシャン!


駐在員さんはすでに車両の中。

体半分挟まれながら無理矢理乗り込もうとするわたくし
わたくしを引きずり出す駅員さん(((Cミ:D)┼─<―――(  ̄Д ̄)
困った顔の駐在員さん

いい絵になっていたと思います。
           ここにブロガーさんがいたら写真撮られてただろうなあ。

『なんでドアが開かないのよぉ?普通挟まったら一回開くでしょうがぁ!』
と駅員さんと言い争ったのは言うまでもありません。
(その駅員さんは正しいことをしていたのに・・・ね)
[PR]
by cb-box | 2006-02-21 14:30

<< 春です      丹下左膳とゴミ >>

箱は箱でもダンボールの箱入り女がつづる中国広東省東莞での喜怒哀楽生活記録
by cb-box
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30